まずは簡易審査をやってみよう

簡易審査とは

インターネットのカードローン会社などのホームページで「簡易審査」あるいは「1秒で審査」という言葉を最近よく見かけます。これは正式な申込みをする前に、利用者が本審査を通過するかどうかを簡単に知ることができるものです。もしここで引っかかるようであれば、正式な申し込みをしても利用できない可能性が高いでしょう。

簡易審査を利用するメリットは、自分が正式な申込みをした場合に本審査に通るかがわかることです。

ただ勘違いしてはいけないのは、あくまでも簡易審査は申込者の必要最低限の情報により、短時間で融資の可能性を調べるためのものです。正式な本審査は厳正に行われるものであり、その審査を通過して初めて融資が受けられます。簡易審査を受けることで事前に予測できるため、申込者としては時間を無駄にすることはありません。

簡易審査の3つの審査ポイント

一般的な簡易審査では、住所、氏名、性別、生年月日、雇用形態および勤務年数、収入、他社からの借り入れの有無とその金額などの項目を記入します。その中でも、特に次の3つの項目が重視されていると言われています。

(1)雇用形態および勤務年数
雇用形態および勤務年数からは、安定した収入が見込めるかどうか判断されます。たとえ正社員であっても、勤務年数が1年未満であれば安定した収入があるとは判断されません。

(2)収入
ここでの収入とは年収のことを意味します。貸金業法の改正により総量規制が実施され、年収の3分の1以上の貸付は禁止されています。そのため年収が低いにもかかわらず借入額が多いと、貸付は不可能とされます。

(3)他社からの借り入れ
既に他社から借入があるかどうかは貸付額に影響してくるので、多額の借入があればその時点で審査対象外という扱いを受ける可能性が高くなります。

以上が簡易審査のポイントとなりますが、本審査でも必ず審査される重要な項目です。もし3つの審査ポイントに不安があれば、クリアできる状態にしてから申込みを行う必要があります。

ネットで簡易審査をしてみよう

インターネットでの簡易審査のサービスは、多くのカードローン会社で実施されています。たしかに本審査とは違うものですが、事前にシミュレーションとして利用するメリットはあるので有効活用してみましょう。それほど時間がかかることはありません。

なお簡易審査を申し込んだカードローン会社で良い結果が出ないようであれば、他社での申込みを検討するのもひとつの方法です。