カードローンを利用できる人 出来ない人

カードローンはだれでも利用できるわけではない

急な出費でお金が用意できない時に、カードローンを利用できると大変助かることがあります。最近では、カードローンを取り扱っている会社も増えたため、気軽に利用できるようになりました。

ところが、カードローンはだれもが利用できるわけではなく、利用出来ない人もいます。ここでは、カードローンを利用できる人と出来ない人の違いについてご説明していいます。

カードローンを利用できるのはどんな人?

カードローンを利用するための条件はいくつかありますが、まず年齢が20~69歳で安定した収入があることが最低条件となります。

ここでの「安定した収入」というのは、多額の収入が必要なわけではありません。毎月一定の収入があることを意味し、会社員や公務員でなくパートタイマーやアルバイトであっても問題ありません。また、配偶者に安定した収入があれば、主婦の方でも利用できるカードローンもあります。

なお、カードローンを申し込むと、主に生年月日、住所、年収、職場の勤務年数などの属性情報と、個人の信用情報を元に審査が行われます。実際にカードローンの審査を通過するかどうかは、審査を受けてみないとわからないという面があるのでご注意ください。

カードローンを利用できないのはどんな人?

カードローンが利用できない人というのは、カードローン会社の審査を通過しない人です。申し込みをすると担当者は簡単な審査を行いますが、この審査を通過できない理由として次のようなものがあります。

(1)収入
毎月一定の収入がなければ審査を通過することはまず難しいでしょう。パートやアルバイトでも毎月決まった収入があれば問題ありません。ただし、主婦の方は前述のように例外とされています。

(2)勤務年数
定職に就いていても勤務年数が1年未満だと審査を通過しないことがあるため、最低でも1年以上は必要とされています。ただし、一部上場企業のサラリーマンや公務員の場合は、例外的に扱われることがあります。

(3)職業
カードローン会社によって評価が異なるのですが、職業がパート、アルバイト、自営業者の場合は不利とされています。返済能力を重視するカードローン会社であれば、審査を通過しないことがあります。

(4)過去の事故歴
カードローン、クレジットカード、キャッシングなどで、過去に支払いの遅延や、延滞の事故歴があると、審査を通過しません。これらの情報は信用情報機関に登録されるため、最低でも5年は新規の借入れはできないといわれています。

(5)初めての申し込み
今までに一度もカードローンやクレジットカードを申し込んだことがないと、利用実績がまったくないためカードローン会社から敬遠されることがあります。このようなタイプの人は「スーパーホワイト」といわれています。

(6)複数社への同時申し込み
同時に複数のカードローン会社へ申し込むと、そのことがカードローン会社にわかってしまいます。一度に数社からお金を借りようとしているのは、何かお金に困っている事情があるにちがいないと警戒されるのです。もし複数社へ申し込むとしても、同時に申し込むのは避けた方がいいでしょう。

(7)他社での借り入れ
既に多額の借り入れがあると、新規の借り入れが難しい場合があります。現在では総量規制があるため、個人が借り入れできる額には上限が設定されているからです。