借入はネットバンキングで手軽に

ネットバンキングが普及してきた

ネットバンキングとは、インターネットにより銀行取引を行うことです。銀行によって多少の差がありますが、残高照会、入出金明細の照会、振り込み、振り替えなどの銀行取引を行います。

最近では、インターネット環境が整ったためネットバンキングの利用者は急速に増えてきました。銀行口座にお金が入っていれば、インターネットの専用サイトでさまざまなな取引が気軽にできるようになったのです。

ネットバンキングのメリット・デメリットとしては、次のようなものがあります。

ネットバンキングにはメリットもあればデメリットもある

ネットバンキングのメリット・デメリットとしては、次のようなものがあります。

【メリット】
・時間が節約できる
ネットバンキングの一番のメリットは、時間が節約できることと言っていいかもしれません。銀行の店舗ではお客さんが多ければ並ばなくてはいけませんが、ネットバンキングならわざわざ行かなくていいので順番待ちする必要はありません。パソコンの前に座って操作すればいいだけです。

・時間が自由
ネットバンキングは、インターネット上で24時間いつでも残高照会や振込みのサービスを利用できます。もちろん土日祝日も関係ないので、365日いつでも利用できる大変に便利なサービスです。

・時間がかからない
銀行でお金を振り込むと、相手の口座に実際に振り込まれるまでのタイムラグがあるものです。午前中に振り込むと午後になったり、午後の遅い時間に振り込むと翌営業日になることがあります。ところが、ネットバンキングにはリアルタイム決済というシステムがあり、振り込む側と受け取る側の双方がネットバンキングであればすぐに口座に反映されます。あっという間に入金が反映されるのは、迅速な取引をしたい時には大変に便利です。

・金利・手数料が安い
ネットバンキングは店舗を持たないため経費を安く抑えることができ、金利・手数料を安くして顧客に還元しています。

【デメリット】
・アクセスできないことがある
アクセスできなくなる典型例としては、IDやパスワードを忘れてしまったり、パソコンが壊れてしまった場合です。これらの場合には利用できなくなるのですが、IDやパスワードは再発行してもらえますし、パソコンは新しいものを購入すれば何とかなります。

・口座維持手数料がかかることがある
すべてのネットバンキングに当てはまることではないのですが、口座維持手数料をとるところがあるので注意が必要です。ただし、それほど高い金額ではありません。

・提携ATMが近くにないと困る
ネット専業のネットバンキングでは提携ATMで入出金を行うため、近所に提携ATMがないと不便です。提携ATMがあるかどうかを、事前に確認しておいた方がいいでしょう。ただし、地元に店舗がある銀行のネットバンキングであれば、このような心配もいりません。

・セキュリティに対する不安
一番の不安は、インターネットを通じて個人情報が漏れて不正引き出しをされるのではないかというセキュリティの問題です。この点、インターネットバンキングで預金の不正引出しがあった際、たとえ銀行に過失がなくても、預金者が無過失であれば全額補償すると全国銀行協会は発表しています。

ネットバンキングで借入れができるのか?

では、ネットバンキングを利用して、カードローンなどの借入れはできるのでしょうか。

自分が開設している銀行口座にネットバンキングを設定していれば、カードローンなどでの借入れもできます。ただし、すぐに利用できるわけではなく、事前にネットバンキングの口座登録手続きをする必要があります。

ネットバンキングを利用してカードローンの借入れをする場合には、パソコンサイトかモバイルサイトから手続きをします。

どちらのサイトでも手順はほとんど同じで、基本的な操作手順は次のようになります。 パソコン・スマートフォン・タブレットからサイトへアクセスして借入れられます。手順は次のようになります。

①専用サイトへアクセスする
②会員専用サービスからID・パスワードを入力しログインする
③メニューから「借入れのお申込」を選択する
④借入希望額を入力して、申し込みのボタンまたは確認ボタンをクリックする
⑤登録しているネットバンキングの口座への振込みが完了