返済は自動引き落としが便利!

カードローンの3つの返済方法

カードローンで借入れすると、返済をしていかなくてはなりません。当然のことですが、決められた日までに返済できなければカードローンを利用する上でさまざまな不利益は発生します。さらに延滞や遅延が度重なると、自分の信用情報に傷がつくことになりますので注意が必要です。

借りたお金を返済する場合に重要なのが返済方法ですが、カードローンには次の3つの返済方法があります。

(1)自動引き落とし
自動引き落としとは、指定した銀行口座から自動的に返済額を引き落とすことです。返済期日までに指定口座に返済額以上の預金残高があると、自動的に返済される仕組みになっています。

自動で返済されるため、うっかり忘れていて返済できなかったということを防止できますし、返済の手間もかかりません。また、給与振込や他の引き落としも同じ口座で一元管理でき、無駄な資金の移動をする手間も省けます。

(2)銀行振込
銀行振込はカードローン会社の銀行口座へ直接振り込む方法ですが、毎月振り込みをする必要があるため手間がかかります。また、振込手数料がかかるため、他の返済方法に比べ損をしている場合もあるので注意が必要です。

(3)ATM返済
カードローンはATMを利用して返済できます。コンビニのATMを利用すれば24時間365日いつでも返済できます。また、金融機関の自社ATMを利用すれば手数料が無料となる場合もあります。

カードローンの返済方法としては以上の3つがありますが、延滞や滞納を防止するという点では自動引き落としが一番優れています。

いつ自動引き落としされるのか

自動引き落としで返済する場合に気になることに、返済日の何時に引き落とされるのかということがあります。もし銀行口座の預金残高が不足していいても、返済日の何時までに入金すればいいかを知っておけば対処できます。

返済額が指定口座から引き落とされる時間はカードローン会社によって異なり、一日に数回処理するところもあればそうでないところもあります。返済日にカードローン会社に確認するのが、一番確実な方法です。

自動引き落としの注意点

自動引き落としは延滞の防止という点では優れているのですが、注意しなくてはならないことがあります。

銀行残高が不足すると引き落としができないため、延滞扱いとなり督促葉書や電話連絡があります。さらには、カードローンが使用できなくなり、遅延損害金が発生したり信用情報に傷がつくことになります。

自動引き落としにはこのようなリスクがあることを知った上で、利用するようにしましょう。