カードローンを利用すると家族にバレてしまう?

カードローンは便利

だれでもお金を借りたことは他人に知られたくないものです。人それぞれ理由はありますが、たとえ家族であっても借金をしたという事実は秘密にしておきたいと考えます。このような希望をする人はけっこういるものですが、そんな時に便利なのがカードローンです。

カードローンを利用すれば、だれにも知られることなく即日にお金を借りることができます。
ただ家族に内緒でカードローンを利用する際には気をつけなければならないこともいくつかあります。 ここでは、カードローンを家族にバレずに利用する方法について解説していきます。

カードローンの利用は秘密にできる

以前は、カードローンを申し込むとカードは自宅へ郵送されていました。また、毎月の利用明細も自宅へ郵送されていました。ところが、家族に秘密にしておきたいというカードローン利用者からの要望が多くなってきたため、カードローン会社も家族にバレないための配慮をするようになりました。

最近では、家族に内緒でカードローンを利用することが簡単にできるようになりました。ただし、カードローンについて家族にバレれないようにするには、契約を遵守することは必要となります。

カードローンのことがバレてしまう場合

カードローンのことが家族にバレないようにしたとしても、場合によってはバレてしまうことがあります。

(1)電話による本人確認
カードローンの申し込みをすると、本人確認の電話が自宅にかかってきます。もし同居の家族が電話に出ると、カードローンのことがバレてしまいます。ただし、自分の携帯電話を連絡先にしておけば、自宅へ電話がかかってくることはありません。

(2)電話による在籍確認
カードローンの申し込みをすると審査が行われ、必ず勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます。以前は会社名を名乗っていたため、職場の人に知られてしまうことがありました。最近では、会社名ではなく個人名を名乗って電話をかけるため、職場の人にバレることはほとんどありません。 とはいっても、職場へ電話連絡されると困る人もいます。そのような場合には、事前に理由を伝えると、電話以外の方法で在籍確認をしてくれるカードローン会社もあります。

(3)自宅へのローンカードの郵送
審査を通過すると、ローンカードは自宅へと郵送されてきます。以前は差出人がカードローン会社であるとすぐにわかっていました。最近では簡易書留で「○○○センター」という差出人名で送られてくるため、カードローンだとわかりにくくなっています。ただし、簡易書留を開封されてしまうと、さすがにバレてしまいます。

(4)自宅への利用明細の郵送
カードローンを利用すれば利用明細が自宅に郵送されてくるため、家族にすぐにバレてしまいます。ただWEBサービスを利用する手続きをしておけば、自宅へ利用明細書が郵送されてくることはありません。

(5)返済の遅延
期日に返済しなければ、自宅へ督促の葉書が郵送されたり、電話がかかってきます。家族にバレないようにするためには、決められた返済期日を厳守することです。