返済が遅れると何が起きるのか

何が起こるか知らない人が多い

お金を借りると返済しなければならないのは当然ですが、もし返済が遅れるとどうなるのか知っている人は意外と少ないものです。実際に返済が遅れた経験がある人でなければ、「ブラックリストに載る」ということしか言えないでしょう。

なぜ多くの人が返済に遅れるとどうなるのかについて知らないのかというと、教えてくれるところがないからです。学校でお金について教えるということはまずないでしょう。 ここでは、借りたお金の返済が遅れた場合に起こることについて、詳しく解説していきます。

返済が遅れて起きることとは?

では、カードローンの返済が遅れた場合に起こることを順番に説明していきます。

まず、指定された返済日に口座引き落しができないと、カードローン会社のシステムに延滞者リストが自動的に作成され、電話による督促が行われます。それとほぼ同時に、個人信用情報機関であるCICに延滞したという事実「A」が付けられます。

この段階のことを、いわゆる「ブラックリストに載った」と表現しますが、本当にブラックリストが存在しているわけではありません。

返済日の支払いが遅れて「A」が並んでついてしまうと、新規のクレジットカードやカードローンの審査に通ることはほとんどありません。金融会社の審査では必ず申込者の個人信用情報を調査するため、返済の遅延があると「返済期日にきちんと支払わない人」と判断されてしまうからです。

金融会社から督促があっても支払わないままにする人もいますが、支払い期日から「61日または3ヶ月の滞納」をすると、個人信用情報機関には「異動」と載せられてしまいます。

この状態になると、すべてのクレジットカードやローンの審査に通過することは絶対にありません。

「異動」となると個人信用情報はどうなる?

では、個人信用情報機関で「異動」に掲載されてしまうと、その後この個人情報はどうなるのでしょうか。

たとえ遅延している支払いを全額返済したとしても、完済日から5年間は異動情報は消えることはありません。もちろん完済しなければ、たとえ5年経過しても異動情報は消滅することはなく、個人信用情報機関に掲載され続けます。

どうしてもこの異動情報を消したいのであれば、遅延している金額を完済するか、法律の専門家に依頼して債務整理をするしか方法はありません。

どちらにしても完済日から5年あるいは債務整理完了の日から5年間は、異動情報が個人信用情報機関に掲載され続け、すべてのクレジットカードやローンの審査に通ることはないのです。