ヤミ金業者とは?その見分け方

ヤミ金業者とは?

「ヤミ金」という言葉を耳にしたことがある人はいるかと思いますが、これはどのような業態を指すのでしょうか。

「ヤミ金」とは、闇金融の略称で正規の金融業者ではない者のことを指します。では、ここでの「正規の業者ではない」とはどういう意味でしょうか。

本来、貸金業はだれでも自由にできるものではなく、国または都道府県知事への届出をしなければなりません。また、貸出金利やその他の条件についても貸金業規制法で規制されています。つまり、正式な届出を行って、法律に従って営業を行っている者が正規の貸金業者であり、登録をしないで営業している業者、形式的な登録を行っているが利息や営業方法が法律に従っていない悪質な業者を「闇金融=ヤミ金」と言うのです。

ヤミ金業者の見分け方~「広告先」

ヤミ金業者の見分け方は、それほど難しいものではありません。ヤミ金もお客がいなければ商売にならないため広告を出すのですが、その広告先からヤミ金であることがわかります。

広告というと新聞や雑誌などをすぐに思い浮かべるかもしれませんが、大手の新聞や雑誌は広告を掲載する審査基準が厳しいため違法業者の広告が掲載されることはありません。

そこで、違法業者が広告を掲載する新聞・雑誌は、次のようなところが多いのが現状です。

・中小の出版社が出版している雑誌、アダルト系やギャンブル系の雑誌
大手の出版社は広告掲載の基準が厳しいため、一般の広告主が広告を出しにくい雑誌、アダルト系やギャンブル系の雑誌へ違法業者は広告を出します。雑誌社としては、広告収入がなければ営業を続けていくことはできないため審査基準を緩くします。特に、ギャンブル系雑誌の読者は利用する可能性が高いため、ヤミ金の広告が数多く掲載されています。

・スポーツ紙や夕刊紙の三行広告
スポーツ紙や夕刊紙であっても、大きなスペースの広告については、広告掲載の審査基準は厳しくなっています。ところが、三行広告という文字だけの広告スペースは審査基準は緩く、記述内容の規制をクリアすれば違法金融の広告でも掲載できます。実際に、三行広告に多くの違法金融の広告が掲載されています。

また、新聞・雑誌以外の広告先としては、ダイレクトメール、インターネットのメール広告があります。身に覚えのない業者からのメールであれば、違法業者である可能性はかなり高いといえるでしょう。

ヤミ金業者の見分け方~「広告内容」

広告先からヤミ金業者であるかどうかを見分けられますが、広告内容からも見分けることはできます。その際のポイントとしては、次のようなものがあります。

(1)登録番号が記載されているか
貸金業を営業するには、国または都道府県知事から登録許可を受ける必要があり、許可を受けた証として登録番号が与えられます。つまり、この登録番号がなければヤミ金業者である確率が高いでしょう。 登録番号は、「□□財務局長(△)第○○○○号」あるいは「□□知事(△)第○○○○号」という表記になっています。 なお、この登録番号は広告への記載が義務付けられています。

(2)登録番号が正しいものか
たとえ登録番号が記載されていても、その番号が虚偽であることがあります。念のため、金融庁のホームページで登録番号や業者名・所在地が真正なものであるかを確認しましょう。

(3)法定金利を遵守しているか
貸金業者が設定できる上限金利は年利29.2%と法律で定められていますので、この上限金利を超過して金利設定していればヤミ金業者です。