2社目・3社目から借りるときの注意点

複数のところから借り入れできるのか?

カードローンは気軽にお金を借りることができて大変に便利なのですが、1社から借り入れできる金額には上限が設定されています。借入枠の上限以上のお金を借りたい場合には他社から借り入れるしかないのですが、複数の会社から借り入れをすることはできるのでしょうか。

基本的には借入総額が年収の3分の1を超過しないのであれば、複数の会社から借り入れをすることはできます。貸金業法の改正により2010年6月から総量規制が始まり、年収の年収の3分の1を超過した借り入れは原則として禁止されました。

ただし、複数の会社から借り入れをすることを禁止しているわけではありませんので、借入総額が年収の3分の1の範囲内であれば、複数のカードローン会社から借り入れることには問題ありません。

もっとも既にカードローン会社で借入れのある人が、別の会社で融資を申し込む際の審査は若干厳しくなります。たとえ年収の3分の1という上限まで借り入れる余裕があったとしても、複数の会社から借り入れがあることはマイナス評価されるからです。

カードローンには総量規制の例外がある

原則としてカードローンは総量規制の対象となるのですが、すべてのカードローン会社が対象となるわけではありません。総量規制の対象となるカードローン会社は消費者金融系だkであり、銀行系カードローンは総量規制の対象ではないのです。

銀行系カードローン会社であるかどうかは、会社名に銀行の名前が入っているかどうかで判断できます。社名に銀行名が入っているのであれば、年収の3分の1を超える借り入れも可能です。複数のカードローン会社を利用するのであれば、銀行系カードローン会社を組み合わせて利用するといいでしょう。

複数のところから借入れする際の注意点

複数のカードローン会社から借り入れることは可能ですが、2社目・3社目と借入先を増やしていく際には、次のようなことに注意しましょう。

(1)返済計画をキチンと立てる
借入金額は必要最低限にして、キチンとした返済計画を立てるようにしましょう。カードローンは気軽に借り入れができる便利なものですが、あくまでも借金だということは忘れないようにしましょう。

(2)毎月の返済日を守る
当たり前のことですが、毎月の返済日は必ず守らなければなりません。返済日に支払いをしなければ督促を受け、さらに延滞すると信用情報機関に事故歴が登録されてしまいます。この事故情報は一定の間は消されることはありませんので、いろいろなローンを組む際の審査で不利になります。

(3)返済可能な借入額
限度額の上限まで余裕があるとしても、自分の返済能力では返済できないような金額は借りないようにしましょう。余裕を持って返済できる金額を借り入れることが大切です。