無人契約機の仕組み

無人契約機の登場で便利になった

最近ではインターネット環境が整備されて、カードローンもインターネットで申し込んで契約する人が増えてきました。その一方で、大手消費者金融やメガバンクの一部では無人契約機で契約できるところがまだあります。

無人契約機とは、店舗ほど広くないスペースに設置されているタッチパネル式のATMのような機械のことです。無人契約機の操作がうまくできるのだろうかと不安に感じる人もいるかもしれませんが、疑問・質問があればオペレーターにつなげて会話できます。

ここでは、無人契約機についてご存じない人のために、その仕組みと使い方について解説していきます。

無人契約機の仕組みとは

カードローンの無人契約機は、そこそこの規模の駅であれば駅ビルの一角などに設置してあり、一人ずつ入るようになっています。それほど広くない建物の中に入ってみると、無人でATMのような機械が設置されているだけです。内側からオートロックがかかるようになっているので、プライバシーはしっかりと保護されます。

ATMの端末は、次の手順で操作していきます。

(1)申込みに必要な情報の入力
カードローンを申込むのに必要な個人情報を、タッチパネル上で入力していきます。氏名、性別、生年月日、住所、持ち家か賃貸か、家族の有無、電話番号、勤務先、業種、雇用形態、勤務先の従業員数、勤続年数、年収、他社からの借入があるか、またその件数と金額などの情報を入力します。すべての会社で同じではなく、会社によって若干異なります。

(2)本人確認書類の読み取り
本人確認書類を機械で読み取らせます。運転免許証で大丈夫ですが、運転免許証を持っていない人はパスポートか健康保険証が本人確認書類となります。

(3)受付表への記 受付表に氏名、住所、家族情報などの必要事項を記入して、無人契約機に備え付けてあるカメラに読み取らせます。

(4)オペレーターからの質問に回答
オペレーターから仕事の内容などについて簡単な質問があります。正直に答えればいいだけです。

(5)審査
実は無人契約機の中にはカメラが設置してあり、オペレーターが申し込みをしている人の様子を見ています。これは対面与信といって、挙動不審であるかどうかをチェックしているのです。審査に通りやすくするためには、見られているんだという意識は常に持っておいた方がいいでしょう。

(6)ローンカードの発行
審査に通過すると、その場でローンカードが発行されます。

無人契約機での申し込みでは、以上のような手順を踏むことにより契約します。

無人契約機のメリット・デメリット

無人契約機を利用しての申込みには、次のようなメリット・デメリットがあります。

【メリット】
・すぐにローンカードを受け取れる
審査に通って契約できればローンカードが発行されるため、即日融資を受けたい人には大変に便利です。

・人と対面しなくていい
人と直接に顔を合わせるのは苦手という人には向いています。

・時間の自由がきく
店舗の営業時間よりも利用できる時間が長いため、時間を気にせず申し込みができます。

【デメリット】
・設置場所がわかりにくい
都市部では設置場所が多く見つけやすいのですが、地方だと設置場所を探すのに苦労します。

・無人契約機まで行く必要がある
店頭での申し込みと同様に、設置場所まで行く必要があります。


今日中にお金を借りたい人は、
すぐにお金が必要な人のための即日融資の手順も参考に。